音楽と遊びで、つながる・つながる ムーブメント「クリック・クリック」を通して学ぶ発達支援 発達サポーター養成講座 主催:早期発達支援を学ぶ会

早期発達支援を学ぶ会

こども家族早期発達支援学会の会員が、地域の方々と共に学ぶ会を発足しました。私たちの地域には、発達支援の専門家でなくても、子育てや子どもの支援をしたいと思う人たちがいます。また、子どもたちが、障がいの有無に関わらず、いろいろな場所で一緒に学んだり、遊んだりできたらいいと考える人たちも大勢います。そのような方々を繋ぎ、共に学び、支援の輪を地域に広げていくことを目的とする会です。

代表 中村 佳代子
第一幼児教育短期大学講師 早期発達支援士
稗田保育園、川東・志和知さくらんぼ保育園リトミック講師

早期発達支援を学ぶ会(大分)  代表 後藤 ひとみ  問い合わせ nre03621☆nifty.com
早期発達支援を学ぶ会(鹿児島) 代表 牧角 玲子   問い合わせ mailto:r2-makizumi☆coffee.ocn.ne.jp
☆を@に変えてお問い合わせください。

講座について

リトミックや音楽療法の30年以上の実践・研究をまとめました。音楽や造形、運動、遊びなど、指導者の専門性やそれぞれの立場での活用を視野に入れた実践する創造的なムーブメントです。
発達の凸凹が心配される子どもが増えてきたと言われる今日、そのような子どもたちの発達の特性や過程を理解し、健やかな育ちをサポートしたり、周囲との関係を繋いでくれたりできる人たちの輪が、私たちの地域にも少しずつ広がってきました。子どもに関わるいろいろな立場の方々と研究し合って、よりよい実践を探求する場にしていきたいと考えています。

プログラム監修 三宅 浩子

特徴1 ユニバーサルデザイン

「今ここにいる子どもたちのために、遊びのデザインをユニバーサル化する」という発想で実践することをとても大事にしています。発達に心配がある子どもたち、発達に特性が見られる子どもたち、いろいろな子どもたちが安心して、自分らしさを表現できるように、遊びをデザインしましょう。実践しながら子どもの特性を捉え、必要な個別サポートや環境構成による支援を、どのように実践に導入したらよいのかを勉強していきます。生活や遊びのいろいろな場面での子ども理解、支援の方法にも繋がっていくことと思います。

特徴2 エコロジカルアプローチ

講座は、療育の方法(ムーブメント「クリック・クリック」)という入口から入って、発達支援の全体に視野を広げます。そうすると、子どもを育てるのは方法ではなく、人だということが分かっていきます。どんなに優れた療育の方法も、万能ではありません。温かい人との繋がりの中で、子どもが健やかに育つ地域づくりを目標にして、いろいろな立場の受講者の皆様が、それぞれの経験や専門を分かち合うスタイルで進めます。どの講座も「楽しく・やさしく・少し深く」学んで頂ける内容ですので、どんな方にも受講頂けます。

コース紹介

○入門コース

各講座は90分です。単発の受講ができますが、講座順にすべての講座を受講されることをお勧めします。


1 障がい?それとも個性?/特別支援教育について

発達の違い、多様性という観点で学んでみましょう。「みんなちがって みんないい」を実現するための、はじめの一歩です。

 
2 障がいの理解・その子の理解と支援

支援したいその子どもを理解するために、発達障がいの概要と乳幼児期の理解と支援を大まかに捉えましょう。

3 音楽と遊びのムーブメント「クリック・クリック」を支える発達の理論

ムーブメント「クリック・クリック」に決まったプログラムはありません。理論を学ぶことで、実践者の専門やそれぞれの立場で独自の
プログラムが出来上がっていくことでしょう。実践者の経験や得意なことを活かして、遊びを創造していくための基礎になる講座です。

4 実践「ムーブメント・クリクリ」「親子でクリクリ」

様々な実践例を楽しく体験します。

5 実践スキルアップ

ユニバーサル化と個別支援を導入して、ファシリテーターのスキルを磨きましょう。

   
6 実践「遊びのスモールステップ展開」

本で紹介されている遊びを実践したいが、上手くいかないという経験はありませんか?既成の音楽あそび等を用いて、「遊びの分割」と、子どもたちが「見て」「聞いて」「動いて」分かるアプローチの方法を紹介します。

7 保護者との関わり

まずは保護者の気持ちに寄り添うことから・・でも、どうやって?

8 インフォーマルアセスメントと支援計画

子どもの気になる行動の背景を発達的な視点で探ってみましょう。気にならない行動にも注目することが大事です。

○応用コース(関心のある方なら、どなたでも受講できます)

入門コースを修了した方々が、それぞれの立場での課題解決に向けて勉強し合ったり、アイディアを共有したりするための講座です。
・事例相談会や音楽と遊びのムーブメント実践等、より実践的な講座を企画しています。
・こども家族早期発達支援学会認定「早期発達支援士」「発達サポーター」を取得された方は、講座によっては受講料の免除または
 割引があります。

○こども家族早期発達支援学会認定資格「こども家族認定発達サポーター」

入門コース全講座を受講された方は、こども家族早期発達支援学会が認定する『こども家族認定発達サポーター』を申請することができます。申請の要領につきましては、各会場でご案内いたします。
『こども家族認定発達サポーター』資格取得者が、こども家族早期発達支援学会認定資格『早期発達支援士』資格取得を目指す際には、「発達・言語」領域におけるE-001「発達を支援するということ」及びE-002「現代社会における発達支援」の2講座の受講が免除されます。

こども家族早期発達支援学会
http://kodomokazoku.jp/